同志社大学「入試説明会」に出かけてきました

 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 6月27日(火)、同志社大学の「入試説明会」に菅井先生と共に出かけてきました。
 
f0303364_19005107.jpg

 同志社大学室町キャンパス寒梅館で行われた「入試説明会」では、昨年度入試や今年度入試のお話、また今後の入試のあり方についてのお話しがありました。ここでは気になった点を2点お伝えしようと思います。

 ① 記述式中心の出題は今後も継続

 同志社大学の入学試験は、基本的に記述式の試験です。(記述式といっても、全てが論述問題というわけではなく「ア」や「エ」のような記号を解答する記述問題もあります。)この方針は今後も継続するとのこと。同志社大学を志望する人は、記述式問題への慣れが必要です。

 ② 昨年度は志願者数が増加

 昨年度の一般入試での志願者数は、45,395人。昨年度より4,433人の増加となりました。他大学はあまり公表しない数字ですが、実人数(1人の受験者が複数日程受験しても1人とカウント)は25,180人だったとのこと。1人当たり約1,8回、同志社大学を受験している計算です。

 会場となった寒梅館のハーディーホールは大変きれいなホールでした。同志社大学はこのホールのみならず、校舎や食堂などの設備も充実しています。同志社大学を志望している人は、ぜひ自分の目で見てきてください。

 Yoshino

[PR]
by kyosyo-hyogo | 2017-07-14 15:00 | 大学受験情報