こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 8日(木)、仁川学院中学・高等学校の「塾対象入試報告会」へ教匠中学オリーブコースの上野先生と共に出かけてきました。報告会への参加は今年で3回目。これまでの報告会での内容と比較しながら、今回の報告会の内容を3ポイントにまとめてお伝えしようと思います。

f0303364_17175708.jpg

 ① 国公立大学合格者数が大幅増加

 平成29年度入試での大学合格実績は、国公立大30名、関関同立114名。国公立大合格者数は、25年度10名、26年度19名、27年度21名、28年度20名ですので、今回大きく増えたことが分かります。また国公立大の内訳も、阪大に1名、神大に3名、広大医学部に1名と、難関大学の名前が並ぶようになってきました。

 ② 引き続き学内予備校に力点

 毎年の報告会で必ず紹介されるのが「学内予備校」。これは、放課後と土曜日に開講される補習授業です。受講は、特進S・特進Ⅱコースが必須、特進Ⅰ・進学コースが希望者のみ。生徒の学力向上に大きく役立っているようです。また、開始当初と比べて、途中で受講を辞める生徒も減ってきているそうです。

 ③ また新たな逆転ストーリーが

 公立高校入試は、半分が内申点(しかも内申点のうち副教科のウェイトが大きい)。これに対して仁川学院高校の入試は、基本的に学力検査点のみ。このため、学力はあるものの副教科の内申点が低かった生徒が、公立高校入試に落ちて仁川学院高校に当初は不本意ながら入学することがあります。しかしこういった生徒が毎年難関大学への合格を達成しています。入学後に頑張れる環境があるからでしょうか。今年の報告会では、公立高校に落ちた生徒が大阪大学理学部に合格した事例が紹介されました。


 報告会の後、今年度は授業見学をさせていただきました。授業では、熱意ある授業が多く展開されており、他校を見学した際よりも、集中して授業に取り組んでいる生徒が多いように感じました。特に特進Sコースの高3生のクラスでは、生徒たちの真剣さがひしひしと伝わってきました。

 仁川学院高校は、公立トップ校としばしば併願される高校で、当塾でも毎年生徒が受験しています。どちらかと言えば私立というよりも公立といった校風、進路実現のために頑張れる環境、そういったものを求める人にはおすすめです。(単位認定される留学制度もありますので、高校生のうちに留学したいという人にも断然おすすめです。)

 授業でも資料をお配りしますが、7月23日(日)と8月26日(土)にはオープンハイスクールが開かれるとのこと。興味がある人は、ぜひ自分の目で学校を見てきてください。

 【関連リンク】

 ■ 2016年 入試報告会 についての記事
 ■ 2015年 入試報告会 についての記事
 ■ 説明会・公開行事|仁川学院高等学校

 Yoshino

[PR]
# by kyosyo-hyogo | 2017-06-08 14:00 | 高校受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 3月29日(水)、近畿大学の「アカデミックシアター内覧会」に(新年度からの教室長)菅井先生、平木先生と共に出かけてきました。
 
f0303364_20080666.jpg

 「アカデミックシアター」は、近畿大学東大阪キャンパスの大規模整備計画「超近大プロジェクト」の下に建設された新エリア。5つの建物で構成され、その中には、独特の配架をした図書館、24時間利用可能な自習室、アメリカの放送局CNNがプロデュースしたカフェなどが含まれます。

f0303364_20180210.jpg

 1つの大きな目玉は、編集工学研究所所長の松岡正剛氏が監修した図書館「BIBLIOTHEATER」。独特の分類方法によって本が配架されています。また、所蔵図書約7万冊のうち2万2千冊はマンガ。そんなマンガも!というマンガも置かれていました。他の大学では考えられないことです。

f0303364_20225630.jpg

 もう1つの大きな目玉は、24時間利用可能な自習室。座席の予約は、スマホアプリで出来るそうです。また自習室の中には女性専用の自習室も。深夜でも安心して学習が進められそうです。

f0303364_20263917.jpg

 この他にも、英語を学習するための書籍・DVDが集められたコーナー、学生が就職相談をするためのコーナー、アメリカの放送局CNNがプロデュースしたカフェなどを見学させていただきました。

 どの施設も十分にお金のかかった立派な施設でした。高い学習意欲を持った学生にとっては、大学内で過ごす時間がより有意義なものとなるかもしれません。気になる人はぜひ自分の目で見てきてください。

 Yoshino

[PR]
# by kyosyo-hyogo | 2017-04-03 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 今日は2017年度入試の結果をお伝えしようと思います。


 ~ 2017年度大学入試 合格実績 ~

 【 国公立大 】
 北見工業大学 1名  信州大学 1名  鳥取大学 1名  兵庫県立大学 1名

 【 早慶関関同立 】
 早稲田大学 1名  同志社大学 2名  立命館大学 4名  関西学院大学 2名  関西大学 11名

 【 産近甲龍 】
 近畿大学 8名  甲南大学 1名

 【 私立大学(京都府)】
 同志社女子大学 1名

 【 私立大学(大阪府)】
 大阪工業大学 1名  大阪歯科大学 1名

 【 私立大学(兵庫県)】
 神戸女学院大学 5名  甲南女子大学 2名  武庫川女子大学 3名  兵庫医療大学 2名

 ※ 合格者数には、「近大英語トレーニング」、「小論文速習講座」など短期講座のみの受講者を含みません。


 ~ 2017年度高校入試 合格実績 ~

 【 公立高校 】
 尼崎稲園高校 1名  市立西宮高校 2名

 【 私立高校 】
 仁川学院高校(特進S) 3名  


 中学生の時から通塾していたある生徒は、基礎をしっかり積み重ね早稲田大学に合格しました。

 兵庫県外から通塾していたある生徒は、中学内容から始めて近畿大学に合格しました。

 公募推薦入試で志望校に合格したある生徒は、一般入試にもチャレンジし特待生となりました。

 現代文が苦手だったある生徒は、添削指導を重ねて小論文入試を突破しました。

 集団指導で伸び悩んでいたある生徒は、質問をぶつける中で疑問を解消し、大きな伸びを実現しました。


 一つ一つの合格にエピソードがあります。合格者のみなさん、本当におめでとう。進学先で充実した日々を送ることを講師一同心から祈っています。

 Yoshino

[PR]
# by kyosyo-hyogo | 2017-03-24 10:00 | 教匠の日常
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 当塾では、3月18日(土)に宝塚商工会議所において「大学入試セミナー」を開催しました。このセミナーには、高校生やその保護者の方だけではなく、高校や他塾で指導にあたられている先生方にもお越しいただきました。お忙しい中でご足労くださり、ありがとうございました。
 
f0303364_17291542.jpg

 当日は、大学入試についてお伝えしたいことを90分にギュッと詰め込んで、お話しさせていただきました。これからの大学選び等に少しでも役立てば幸いです。

 参加していただいた方からは以下のようなご意見を頂戴しました。みなさまからいただいたご意見を通して、どんなセミナーであったのかをお伝えできればと思います。

ーー第1部「大学入試の基礎知識」のご感想ーー

◆ 入試制度を知ることで、大学合格のために有利な戦いができるので、もっと詳しく知りたいと思いました。入試の基礎・全体像が知れて、とても良かったです。

◆ 公募推薦など知らない事が多く勉強になりました。

◆ 自分の得点が各大学によって変わってくるということが分かって良かった。公募推薦入試を受けてみようと思いました。

◆ オープンキャンパス時ではない日に大学を見に行く話はおもしろい!!

ーー第2部「大学入試の実情」のご感想ーー

◆ 受験にどれだけの費用がかかるのか知れてよかったです。立命のセンター利用など、勉強になりました。

◆ 実際に大学まで足を運んで得た情報で良かった。

◆ 各大学の募集要項をとりよせてもなかなかつかめない内容がわかりやすく教えていただけてよかったです。

◆ 私立大学が公立化された大学の利点などは今まで聞いた事がなかったので良かった。

ーー第3部「特別講演 大学での学び」のご感想ーー

◆ 時間がすごく短く感じました。高く目標をかかげて目標に近づこうとする取り組みこそが実現の一番の近道という言葉を子供に伝えたいと思います。

◆ 非常にいい話で良かった。阪大出身の方の話は説得力がありました。

◆ 高校と大学の学びの違いや、大学に行く意味を知ることができた。

◆ オープンキャンパスでも聞けないような話を聞けてよかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 当塾では、今後もデータを徹底的に分析した情報や足を運んで得た情報を基に、大学の、大学入試のホントの話を発信するセミナーを開催予定です。ぜひご活用ください。

 Yoshino
[PR]
# by kyosyo-hyogo | 2017-03-20 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 当塾では、12月30日(金)に1日完結講座「英文法鬼の100題」を開催しました。この講座は受験生を対象とした英文法の総復習講座。セ試、関学、立命、近大などで出題された良問100問に挑戦してもらいました。

f0303364_1675271.jpg

 内容は毎年改定しており、今年の問題冊子の中には、2017年度公募推薦入試で出題されたばかりの問題も。実際に近年関西圏の大学で出題された問題に、どの生徒も真剣に取り組んでいました。

 ちなみに最高点は92点、平均点は72.6点。最高点、平均点ともに過去4年間で最高の数値でした。(問題が違うので単純に比較はできませんが。)今年の入試結果が楽しみです。

 講座に参加したみなさん、復習する中で分からない問題があったら、どんどん質問に持ってきてくださいね。入試まであと少しですが、気を緩めず能う限りの努力を続けましょう。

 Yoshino
[PR]
# by kyosyo-hyogo | 2017-01-05 10:00 | 教匠の日常