タグ:神戸龍谷高校 ( 1 ) タグの人気記事

 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 26日(金)、神戸龍谷中学校・高等学校の「学習塾対象入試説明会」へ出かけてきました。説明会では、校長先生、副校長先生より、大学進学実績や来年度募集についてのお話がありました。

 ここでは、私が気になった4点をお伝えしようと思います。

 ① 大学進学実績が大きく伸長

 昨年度入試では、国公立大学に21名(医学部医学科1名を含む)、関関同立に82名が合格。国公立大学合格者数50名以上という高い目標を達成するため、校長先生が全ての先生の授業を見学するなど、授業の質を向上させる取り組みを進めているそうです。

 ② 指定校推薦入試枠を多数保持

 神戸龍谷高校は、系列校の龍谷大学、京都女子大学のみならず、関西圏の私立大学に広く指定校推薦入試枠を保持しています。また、英国国立セントアンドリュース大学を始めとして、海外の大学にも指定校推薦入試枠を持っています。(海外の大学への推薦枠を持つ高校は日本全国でわずか30校ほど)

 ③ 募集定員を大きく変更

 来年度入試より、募集定員が大きく変更されます。指定校推薦での大学進学を目指す「進学GRコース」の定員が120名から80名に削減され、難関国公立大を目指す「特進文理Sコース」が30名から60名に、難関私立大を目指す「特進文理コース」が70名から80名に増枠されます。

 ④ 新たに「併願Bコース」が誕生

 来年度入試より、公立高校受験で複数志願を選択しない人を対象とした「併願Bコース」が設けられます。「併願Bコース」の合格最低点は、複数志願を選択する場合の「併願Aコース」より低く設定されています。「第2志望の公立高校より神戸龍谷!」という人は、このコースを活用できそうです。

 岡田校長先生の下で大きく変わりつつある神戸龍谷中学校・高等学校。今後どのように変わっていくのか、随時お伝えできればと考えています。

 Yoshino

[PR]