人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アサンプション国際「塾関係者対象説明会」に出かけてきました

 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 8日(水)、アサンプション国際中学校・高等学校の「塾関係者対象説明会」へ出かけてきました。

アサンプション国際「塾関係者対象説明会」に出かけてきました_f0303364_14101900.jpg

 アサンプション国際、という名前を聞いてピンとこない方も多いかと思います。それもそのはず。この学校名は2017年4月からの新名称だからです。現在の名称は聖母被昇天学院。大阪府箕面市の女子高です。

 名称の変更ということで、説明会には多くの塾関係者が集まっていました。大変大きな注目を集めているようです。ここでは、名称が変更になって何がどう変わるのか、3点に絞って紹介しようと思います。

 ① 男女共学に

 目に見えて分かる最も大きな変化は、男女共学化。特に吹田・箕面に住む男子小学生・中学生にとっては、進学先の選択肢が一つ増えたことになります。北大阪急行の延伸で学校近くに新駅「新箕面駅」ができることもあり、アサンプション国際は、今後受験者数を大きく増やしていくのかもしれません。

 ② 特色ある3コース制に

 アサンプション国際高校は、3コース制。英語力を磨くアサンプションイングリッシュコース、能動的学習力を磨くアサンプショングローバルコース、理系学力を磨くアサンプションサイエンスコースの3つのコースが組まれています。それぞれのコースで「21世紀型教育」が展開されるとのことです。

 ③ 関西学院との連携が密に

 アサンプション国際高校は、スーパーグローバル大学にも認定された関西学院大学に大きな推薦枠を持っています。その枠はなんと19名分。生徒の約3分の1が関西学院大学に進学できる計算になります。また、関学セミナーハウスをもちいてのイングリッシュ・キャンプなども計画されているそうです。

 箕面、というと宝塚から少し遠いイメージですが、それでも20名ほどの生徒がアサンプション国際に通学しているようです。公立中学生のみなさんには、選択肢の一つとなるかもしれませんから、パンフレット等をお渡ししますね。興味のある人は、資料に目を通してみてください。

 Yoshino

by kyosyo-hyogo | 2016-06-08 15:00 | 高校受験情報