人気ブログランキング |

公立高校第一志望に全員合格

 こんにちは、個別進学塾教匠の菅井です。

 3月19日に兵庫県公立高校入試の合格発表があり、当塾ならびに「中3TOTALサポート」に参加の姉妹校教匠オリーブコース所属の中3生全員が第一志望の高校に合格を果たしました。せっかくの喜ばしい結果ですので、今日は生徒のみなさんの頑張りについて記したいと思います。

 当塾所属の中3生は、通常授業では英語・数学を受講していました。苦手科目については根幹のところに立ち戻りわかりやすく解説、得意科目については高校内容につながる本質の理解にも挑戦。さらに宿題として問題演習。同一範囲を徹底的に学習することで、「わかる」から「とける」まで学力を鍛えます。

 ある生徒は、昨年4月に受けた模試(第1回進研Vもし)と本年1月に受けた模試(第3回兵庫Vもし)の偏差値を比較して、英語で8ポイント、数学で11ポイントの上昇がありました。また、数学について1学期から2学期の評定も「1」上昇し、嬉しそうに教えてくれました。

 中3TOTALサポートでは、6月~12月は理社の中学1~3年の学習範囲について毎週80分の授業で各単元の根幹部分を徹底理解。くわえて問題集の該当範囲の演習を宿題に。1月~3月は私立高校・公立高校の過去問を中心に問題演習に取り組みます。

 私は中3TOTALサポートでは社会の授業を担当しているのですが、生徒たちは中3TOTALサポート時だけでなく通常授業の前後の際にも社会の内容や学習方法についての質問をもってくるなど、みな熱心に学習に取り組んでくれました。その成果として、社会については1学期中間考査から2学期期末考査を比べて平均して27.5点上昇しましたし、理科についても10.0点上昇しました。みな本当によく頑張ってくれたと思います。

 合格を報告してくれた際には、みな弾けるような笑顔を見せてくれました。私自身もおおいに嬉しく、また励みにもなりました。3年後にもすべての生徒が希望の進路を実現できるよう、これからも一人ひとりに寄り添っていきたいと思います。

 ※ 「中3TOTALサポート」は、当塾を会場として、当塾と教匠中学オリーブコースで共催。

 Sugai

by kyosyo-hyogo | 2019-03-31 10:00 | 教匠の日常