人気ブログランキング |

中3TOTALサポートで、全生徒が平均点+15点以上を実現

 こんにちは、個別進学塾教匠の菅井です。

 近ごろ夕方にはすっかり涼しくなり、いよいよ秋の到来を予感させる時節になりましたね。それと同時に、2学期中間考査や入試本番も少しずつ近づいてきましたが、勉強の進み具合は順調でしょうか。

 今回は、公立中学校に通う中学生やその保護者の方に、「中3TOTALサポート」という取り組み、そして、その受講生たちの大きな成長をご紹介したいと思います。

 当塾では、公立高校進学を目指す中3生を対象に、この「中3TOTALサポート」という取り組みを実施しています。「中3TOTALサポート」では、英数国の基礎学習を進められるだけではなく、理社の集団授業を受けることができます。

 理社の集団授業は、6月にスタート。6月~12月は、理社の中学1~3年の学習範囲を復習。毎週80分の授業で、各単元の根幹部分を徹底理解します。そして授業後の課題で、その内容を習得します。1月~3月は、入試対策演習。私立高校・公立高校の過去問を中心に、問題演習に取り組みます。

 この授業を通して中3生の学習意欲が週を追うごとに高まっているのを、社会担当講師の私としてもひしひしと感じています。

 そして今回の2学期実力テストで、中3生の頑張りが結果にも表れました。受講生の得点の学年平均点に対する差は、社会は+22.1点、理科は+9.6点でした。社会については、全員が平均点+15点以上の点数を獲得。理科についても、得意な生徒は平均点+15点以上の、苦手な生徒も頑張って平均点近くの成績をおさめることができるようになってきています。

 後回しにしがち、ついつい学習が甘くなりがちな理社の成績を伸ばすことができるチャンスが、「中3TOTALサポート」です。秋以降での参加も大歓迎。これから頑張ろうという中3生のみなさんを待っています。

 Sugai

by kyosyo-hyogo | 2019-09-25 10:00 | 教匠の日常