人気ブログランキング | 話題のタグを見る
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 一昨日、昨日につづいて、11/8(日)に開催しました「大学入試セミナー」の補足情報をお伝えします。今回のテーマは「隔年減少にご用心」。セミナー当日は、近畿大学-文芸学部-文化・歴史学科を例に挙げて、隔年減少とは何かを解説させていただきました。

 「隔年減少」とは、1年おきに志願者数が増減し、その結果入試難易度も変動する現象のことです。志願者数が増えると、入試難易度(合格最低点)が上がります。翌年度の受験者は、その合格最低点を見て、その大学の受験を避けます。そしてその結果、志願者数が減り、入試難易度(合格最低点)が下がります。これが繰り返されるのが隔年減少です。

 「隔年減少」では、絶対にその大学に入りたいという受験者が少ない、つまり日和見層が多い、中堅私立大学において顕著にみられます。また近年は、現役志向・安定志向が強く、「入りたい大学」よりも「入れそうな大学」を受験校に選択する傾向が強くあります。このため、昨年度の合格最低点が低い大学が受験校として好まれ、逆に昨年度の合格最低点が高い大学が受験校として避けられています。「隔年減少」が露骨に起こっている状況なのです。

 2つの大学の事例をお話します。

 1つめは「神戸松蔭女子学院大学」です。「神戸松蔭女子学院大学」は、昨年度入試において、大きく志願者数を伸ばしました。その伸び率(昨年度比162.5%)は、関西圏の私立大学で首位でした。その結果、今年度の入試では、志願者数の大きな減少が起こっています。

 すでに実施が終わっている、今年度「神戸松蔭女子学院大学」の「学校推薦型選抜」の「A日程」、「B日程」の志願者数を見てみると、それぞれ、286名と228名。昨年度は、それぞれ、411名、458名でしたから、昨年度比で69.6%、49.8%と、大幅な減少を起こしていることになります。

 昨年度、志願者数を増やしたために、今年度敬遠されている事例です。

 2つめは「近畿大学」です。「近畿大学」は、その広報戦略や学校改革によって、大きく志願者数を伸ばし続けていましたが、2019年度入試で、志願者数が頭打ち。2020年度入試では、昨年度比94.0%と大きく志願者数を減らしました。(公募推薦入試を含む一般入試での志願者数)その結果、特に公募推薦入試・一般入試A日程において、合格最低点が2019年度入試よりも大きく低下しました。

 ということは、今年度何が起こるでしょうか?

 「近畿大学」のスゴいところが、志願者数を伸ばしやすい現況を利用して、さらに志願者数を伸ばそうとしているところです。下の表は、「近畿大学」の「入試ガイド」に掲載されている「総志願者数5カ年推移」です。「大幅減」という言葉がここには記載されています。通常であれば、志願者数が増えていることをアピールする大学はあっても、志願者数が減っていることをアピールする大学はありません。

隔年減少にご用心 ~大学入試セミナー補足情報③~_f0303364_10001483.png
(「近畿大学 入試ガイド 2021」より)

 近大が人気になってきているという絶対的な自信がなければ、このような表記はできません。またこの表記は、先ほど述べたように志願者数を伸ばしやすい状況をさらに利用しようという動きであると同時に、「近大が難しくなっている」という評判に基づいて、近大受験を避けようとする安定志向の受検者層を拾おうという動きであるともいえるかもしれません。

 このような「隔年減少」が起こる理由の一つには、多くの大学が「入試ガイド」に昨年度分しか倍率・志願者数を掲載していないという事実があるかと思います。受験者側は、昨年度のデータだけを見ることができず(※WEBサイトには複数年度分掲載している大学も多くあります)、そのデータに基づいて「入れそうな大学」を選択します。

 ただ、「隔年減少」が起きているということは、昨年度の合格最低点はあてにならないわけですから、一昨年度の合格最低点にも目を向けなければなりません。でなければ、「昨年度の合格最低点よりも高い点数をとったはずなのに受からなかった」ということが起きてしまいます。「入れそうな大学」が実際には「入れない大学」だったということになるのです。

 中堅私立大学を受験する高校生に求められるのは、昨年度だけではなく、それよりも古いデータも活用して、滑り止めの受験校を選定する、入試での目標点数を設定する、という行動です。

 当塾では、主要私立大学に関して、過去7年分の「入試ガイド」を保管しています。また、関西圏全私立大学の志願者数推移の分析データを保持しています。塾生のみなさんは、受験校の選定の際、ぜひこういった情報を活用してください。(もちろん大前提として、「入りたい大学」に向けて、計画的・効率的に学習を進めていきましょうね。)

 Yoshino

# by kyosyo-hyogo | 2020-11-20 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 昨日につづいて、11/8(日)に開催しました「大学入試セミナー」の補足情報をお伝えします。今回のテーマは「専門職大学とは?」。セミナー当日は、2021年度に開学する「芸術文化観光専門職大学」を例に挙げて、専門職大学とは何かを解説させていただきました。

専門職大学とは? ~大学入試セミナー補足情報②~_f0303364_22354887.png
(文部科学省WEBサイトより)

 「専門職大学」は、2017年に学校教育法の改正で誕生した、新しい種類の大学です。新しい種類の大学がうまれるのは、1964年の「短期大学」導入以来。そのことを考えれば、「専門職大学」の登場は、とても大きな出来事なのです。

 「専門職大学」の立ち位置としては、「大学」と「専門学校」との中間。両方のいいとこどりの大学です。「専門学校」では得られない「学士号」を取得できる一方で、「専門学校」のように、実習、実技を重視した学びを進めていくことができるのです。

専門職大学とは? ~大学入試セミナー補足情報②~_f0303364_19103519.png

 授業は、大学のように研究者教員だけではなく、実務家教員によっても行われます。たとえば東京都の「情報経営イノベーション専門職大学」では、ベンチャー企業の現役経営者、情報系企業の出身者、ビジネス誌の元記者などから指導を受けることができます。

 また、授業は3分の1が実習という形で行われます。たとえば静岡県の「静岡県立農林環境専門職大学」では、2~3年時には、コースに応じて、園芸、林業、畜産の実習を、4年時には、農林業経営の実習を行うカリキュラムが組まれています。

 現在、「専門職大学」は、「専門職短期大学」2校を含めて、11校開設されています。そして、2021年度春には、大学入試セミナーで紹介いたしました「芸術文化観光専門職大学」を含めて、新たに6校開設される予定です。(「専門職短期大学」1校を含む)

 「専門職大学」が、今後どのような評価を受けるかは、各大学の取り組みおよび大学出身者の活躍によって評価されるところかと思いますが、高校生にとって、非常に魅力的な選択肢が一つうまれたように私は感じています。

 それぞれの大学が、ビジネス、IT、ファッション、リハビリ、農業、観光、演劇など、特色をもった学びを提供しています。何を学ぶかが具体的なだけに、大学生活やその先の進路も想像しやすいのではないかと思います。進路に迷っている人、一度、「専門職大学」について調べてみてはどうでしょうか?

【全専門職大学・専門職短期大学へのリンク】

 < 開設済みの専門職大学 > 9校
静岡県立農林環境専門職大学 (静岡県)
国際ファッション専門職大学 (東京都、愛知県、大阪府)
情報経営イノベーション専門職大学 (東京都)
東京国際工科専門職大学 (東京都)
東京保健医療専門職大学 (東京都)
開志専門職大学 (新潟県)
びわこリハビリテーション専門職大学 (滋賀県)
岡山医療専門職大学 (岡山県)
高知リハビリテーション専門職大学 (高知県)

 < 開設済みの専門職短期大学 > 2校
静岡県立農林環境専門職大学短期大学部 (静岡県)
ヤマザキ動物看護専門職短期大学 (東京都)

 < 2021年春開設予定の専門職大学 > 5校
芸術文化観光専門職大学 (兵庫県)
かなざわ食マネジメント専門職大学 (石川県)
名古屋国際工科専門職大学 (愛知県)
大阪国際工科専門職大学 (大阪府)
和歌山リハビリテーション専門職大学 (和歌山県)

 < 2021年春開設予定の専門職短期大学 > 1校
せとうち観光専門職短期大学 (香川県)

 Yoshino

# by kyosyo-hyogo | 2020-11-19 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 11/8(日)に開催しました「大学入試セミナー」では、英語でリスニングが重要になっているとの情報が拡散されているが、実際には、それほど今までと変化していないという話をさせていただきました。

 この記事では、英語リスニングについて、さらに詳しい情報をお伝えしたいと思います。

 英語でリスニングが重要になっている、との情報を発信している方の、情報の根拠はおおむね、今年度から実施される「共通テスト」の「英語」で「リーディング」が100点、「リスニング」が100点、という配点になるという事実です。従来の「大学入試センター試験」の「英語」では、「筆記」が200点、「リスニング」が50点、という配点でしたから、これらの情報だけを見てしまうと、リスニングが重要になっていると勘違いを起こしてしまいます。

 しかし、「リーディング」が100点、「リスニング」が100点、という配点を、各大学がそのまま使うわけではありません。大学ごとに点数の比率を変えて、合否の判定を行います。そして、各大学どのような比率に換算しているかというと…
 
リスニングは重要になったのか? ~大学入試セミナー補足情報①~_f0303364_09203170.png

 もっとも多いのは、「リーディング」80%、「リスニング」20%、という比率です。この比率は、「大学入試センター試験」の時の比率と全く同じ比率であり、実際には、リスニングの割合が高まっていないということになります。

 また、受験者数の多い、京都大学、大阪大学、大阪市立大学での比率は、「リーディング」75%、「リスニング」25%。若干「リスニング」の割合が増えているように思えますが、これまで「センター試験」で14点分(全体の約7%の配点)出題されていた「発音・アクセント問題」が「共通テスト」で出題されなくなることを考えれば、その調整分とみなすこともできます。

 ただ中には、大阪教育大学、兵庫教育大学、和歌山大学のように、「リーディング」50%、「リスニング」50%、という、「共通テスト」の配点をそのまま利用する大学もあり、注意が必要です。また、上記の配点は、2021年度入試での配点であり、翌年度以降の入試については、今後注視しなくてはなりません。

 ここまではすべて「共通テスト」での話です。私学の入試はどうなっているのでしょうか?関西圏の主要私立大学である「関関同立」一般選抜の各大学独自試験では、従来通り、リスニングの試験は行われません。共通テスト利用方式、共通テスト併用方式、立命館大学のIR方式など定員の少ない独自の方式を用いない限りは、関関同立入試においてリスニングの配点はゼロなのです

 つまり、リスニングが重要になっている、という情報はウソとはいえないまでも、現時点では、受験生が気にしなければならないレベルの情報ではないということです。入試情報でよくある「変わる変わる詐欺」です。(予備校・学習塾は、「変わる、変わる」と言って、不安をあおればあおるほど、顧客を獲得できてしまいます。)

 今回のセミナーでは「今までリスニングが非常に重要になると勘違いしていた」という感想を多く頂戴しました。文部科学省は十分に適切な情報を受験生に提供できていないということです。入試改革3本柱の頓挫で、受験生を混乱させ、その上、今年度実施の入試についても十分な情報提供ができていない、あまりに杜撰な実態です。

 一部企業への利益誘導のために、「グローバル化」や「主体的な学び」などの美辞麗句のもとで、「アクティブラーニング」やら「学びの3要素」やら「英語4技能」やら新しい造語をうみだして、学習内容や入試制度を改悪させるのではなく、単純に、高校生が安心して学びに専念できる環境の整備を進めていただきたいと願うばかりです。

 ※ ちなみに、大学側はここのところ文部科学省に対して「面従腹背」の姿勢をとっているように感じています。「また、あほなことゆーとるわ、いちよー、みえるとこだけ、ちょろっとかえとこかぁ。グローバルなんちゃら方式みたいなもん、こしらえて、まぁ、定員10人くらいつけとこ。どうせあの人らかて、ほんまにそうおもてやっとるわけちゃうしなぁ。仕事ふやさんといてぇや。」といった感じで。

 Yoshino

# by kyosyo-hyogo | 2020-11-18 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 当塾では、11月8日(日)に宝塚ソリオホールにて「大学入試セミナー」を開催いたしました。

 当日お越しくださったみなさま、日曜日の夜遅い時間帯にも関わらず、お越しくださり、まことにありがとうございました。

 第1部、第2部では、私から「大学入試の基礎知識」、「大学入試の実情」と題してお話をさせていただきました。今年度のセミナーでは特に、①大学入試改革は名ばかりの改革で、言われているほど変わっていないこと、②総合型・学校推薦型選抜は、学力も問われるようになり、敷居が高くなったこと、③中堅私大の入試ほど、情報とお金が必要な戦いであること、といったことを伝えさせていただきました。

「大学入試セミナー」を開催しました_f0303364_05470849.jpg

 もっともっとお伝えしたいことがあったのですが、時間に限りがあり、お話できなかったこともあります。このブログにて、補足情報など公開していければと考えております。

 第3部では、大阪大学の中村准教授から「大学は楽しい!!~光とAIの最先端を研究する~」と題して講演をしていただきました。ご自身の大学生活・留学経験から、現在の研究内容まで幅広くお話いただき、これから大学に入学しようという高校生にとって実り多く刺激的な時間だったのではないかと思います。(保護者の皆様にも大好評でした。)

「大学入試セミナー」を開催しました_f0303364_05472864.jpg

 ご来場いただいた方々からは次のような感想を頂戴いたしました。

ーー第1部「大学入試の基礎知識」のご感想ーー

◆ 大まかな入試の知識しか知らなかったが、今回の講演で細かな情報を知ることができたので参加してとてもよかった。

◆ 今まで入試について分かったつもりだったけど、よく知らなかった細かい入試方法を知れてよかった。

◆ 具体的な例や数値を用いていて説明が分かりやすかった。

◆ 大学の入試制度の説明がわかりやすくてよく理解できました。

◆ 知らないことだらけで参考になりました。

ーー第2部「大学入試の実情」のご感想ーー

◆ 年によって受験者の増減が出る仕組みがよくわかりました。裏事情なども聞けて良かったです。

◆ リスニングの配点が増えたと学校で聞かされていたので、本当の配点内容を知れてよかった。

◆ ユーモアもあり、分かりやすかったです。知らないところも詳しく解説していただいて、とても勉強になりました。

◆ 入試にはお金がある程度必要と思っていたが、予想以上にいることを知り驚いた。

◆ 学校の入試説明会では聞けない内容で、かつ分かりやすかったです。

ーー第3部「特別講演 大学での学び」のご感想ーー

◆ 研究のお話についていけるかなと思いましたが、ご自身の歩みと重ね合わせ、とても親しみやすいお話でした。大学で学ぶ意味、学士・修士・博士の意味も私なりに理解できました。人文科学と自然科学のお話はとても参考になりました。なかなか聞けないお話、とても参考になりました。ありがとございました。

◆ “本来の目的”にワクワクしました。興味のあることをとことん研究できるのはとても楽しそうだと思いました。私(母)もまた勉強してみたくなりました。大学の仕組みが大まかに分かりました。日本の中の自分、世界の中の自分というグローバルな観点で、少しでも人々の役に立つ人間にと思います。

◆ 文系志望ですが、大学や大学院での学びがとても分かりやすく、お話していただき楽しかったです。ありがとうございました。

◆ 将来身近で目にするかもしれない技術の研究の話から、大学の仕組みの話まで興味の持てる内容でした。留学の話(まず飛び込んでみることも大事)は子供にも聞かせたかったです。

◆ 「AIとナノテク」と聞くとイメージしにくいところ、「画像解析」の例を使ってお話してくださった点が良かったです。研究室の雰囲気も伝わってきました。大学のしくみもよく分かりました。留学の話はとても興味深かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今後とも、入試情報を提供する場、第一線の研究者の声を聞ける場を提供していきたいと考えております。

 Yoshino

# by kyosyo-hyogo | 2020-11-13 10:00 | 大学受験情報
 こんにちは、個別進学塾教匠の吉野です。

 個別進学塾教匠では、11月8日(日)宝塚ソリオホールにて「大学入試セミナー」を開催いたします。(例年は7月に実施しておりましたが、今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響で、開催時期をずらしての開催となっております。)

 「大学入試セミナー」では、大学入試の基礎知識からその実情まで丁寧に説明させていただきます。また毎年開催しております特別講演では、大阪大学の中村准教授にお越しいただき「大学は楽しい!!~光とAIの最先端を研究する~」というテーマでお話をしていただきます。

ーーーーーー

 < 個別進学塾教匠 大学入試セミナー 概要 >

 【 対象 】
 高校生、及びその保護者の方
 ※ 学校関係者・学習塾関係者の方、中学生、及びその保護者の方もご参加いただけます。

 【 開催日時 】
 2020年11月8日(日) 19:00 ~ 21:20 (開場 18:30)

 【 開催場所 】
 宝塚ソリオホール(阪急・JR宝塚駅前)

 【 主な内容 】
 第1部 大学入試の基礎知識
 ・ 一般選抜だけじゃない!多様な入試制度
 ・ 傾斜配点に注意!国公立大学の入試制度
 ・ 複雑怪奇?私立大学の入試制度
 ・ 知らないと損?産近甲龍の秋の大口入試
 第2部 大学入試の実情
 ・ 「入試ガイド」はココを見てください
 ・ ボーナスも吹き飛ぶ?私立大学受験にかかる費用
 ・ 私大難化と新型入試不安で超安定志向、20年度入試分析
 ・ いったい誰のため?大学入試改革の本当の姿
 ・ 大学選びの注意点、5つのポイント
 第3部 特別講演「大学は楽しい!!~光とAIの最先端を研究する~」
  大阪大学 産業科学研究所 (基礎工学部情報科学科)
  准教授 中村友哉 先生

 【 参加費 】
 無料

 【 申込方法 】
 お電話(0797-76-5870)、またはお申込みフォームよりお申込みください。

ーーーーーー

 セミナーでは、表面上の話だけではなく、関関同立でどこが伸びていてどこが沈んでいっているのか、大学入試改革の裏側で何が起きていたのか、大学入試にはいったいどれだけのお金がかかるのか、今注目してほしい大学がどこなのか、など、大学入試にまつわるホンネの話もさせていただく予定です。(そのため、当日の録画・録音はお断りしております。)

 また、特別講演では、大阪大学中村先生の研究内容から大学生活・留学経験まで幅広く大学にまつわるお話をしていただく予定です。

 これから大学入試を迎える高校生、そしてその保護者の方のみならず、学校・学習塾関係者の方のご来場も歓迎です。ぜひ「大学入試セミナー」へお越しください。

 Yoshino

# by kyosyo-hyogo | 2020-10-31 10:00 | 大学受験情報